読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミステリー

アクロイド殺し (アガサ・クリスティー)

「いっしょに、からまつ荘に行っていただけますか?」 「からまつ荘に?」わたしは驚いて問い返した。 「あの風変りな小男に会いに?」キャロラインが大きな声でいった。 「ええ。あの方がどういう人か、ご存じでしょう?」 「引退した理容師だろうと想像し…