読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物語のおわり (湊かなえ)

 

物語のおわり

物語のおわり

 

 

 原作のラストはわからない。しかし、わたしがこの物語をドラマ化するのなら、このラストにしよう。

 携帯電話を取り出して天に向かって伸びるストローブマツを写す。メールに添付して、メッセージを打ち込む。

 

『わたしはおもしろい物語を作る人になる!』

 

 

 

 湊かなえの短編集。ある未完の短編集をめぐって、それぞれの物語につながりが生まれている。こちらの短編に出ていた人物が、こちらにも出ていたりだとか、人物はリンクしている。

 それぞれの人物の胸の内、現状に対する不満、過去との決別、新しい人間関係、それぞれが持つ悩みを浮かび上がらせ、未完の小説に寄り添わせ、各々の物語をつくっている。

 湊かなえらしく、地方に生きる、もしくは地方から都心に出てきた普通の人々の胸のうちを、写実的に、時にサスペンスを交えて描き出す。

 いちおうは、タイトルにもあるような、「終わりのない物語」あるいは「物語そのもの」がテーマとしてはあるのだろうが、それよりも各章で語られる人々の暮らしぶりが、雑誌でも読むように共感しながら、現実的なライフスタイルを取り込むことができるのが、この小説の一番の魅力になっているのではないかと思う。

 伏線の繋げ方は、やはり一流のものがある。